低スペ発、新宿ナンパ経由年収1000万行き

酒、旨い飯、旅行、ランニング、筋トレ。東京出身。金融日記、ブログでは言えない話読者。健康好き不健康。恋愛工学をきっかけに、2015年10月にピックアップ活動始めました。ナンパ、恋愛工学関連の記事をアップしていきます。

音声入力だけでブログを更新してみた。

f:id:kumaofpooh:20170824163024j:plain

 

作業環境:iphone6s の音声入力、付属のイヤホン装着

デフォルトアプリの「メモ」使用。

iphone購入のみで使用出来る環境で試してみます。

 

-------------------------------------------------------------

<音声入力原文>

 

こんにちはくまのです

初めて音声入力でブログを更新してみたいと思います以前からですねタイムラインで音声入力ですねできずのコンテンツを作成していると言うツイートをですね散見しているんですけれども実際にですねまず変換能力ですとかのテキストクオリティーですかねATMまでどのぐらいのものだって言うのもですね

試してみたいなと思います実際にですねこの音声入力のブログ更新と言うのがですねスムーズにいけばですねどんどん自分のコンテンツがAA予算できるんじゃないかなと思ってやってみてるんですけれども変換機能の精度いうのがなかなか厳しいかもしれません。

 

いずれにしてもですねブログであったりのともうテキストのコンデンス作成する場合っていうのは第一行があってそこから1台で行こう西さんこも前に言っても何度か店遂行重ねてリリースするような感じになると思うんですけれどもうそうです今第二工程の中でどんなあの雑な文章麻美子であったりとか構成っていうのはですねバラバラでどうしてもなってしまうものになるのでそれをですね一旦回押す事だけを大筋だけをですね音声で作成できるということであればかなりこれはですね最終稿まで作るの2時間が短縮できるんじゃないかなと思うので試していております今回なんですけれども一旦その音声入力でえーとiPhone 5ですねしりで入力してみてでエソラの原文をですね記載して実際に自分のチェックを入れた最終的なですね変換と言うのですね乗せてみたいえーぜひですねその文章もさぁ実際に喋ってみた内容を笑文字に起こしたものとテキストに修正を加えたものというのはですね顔見ていただけたら面白いかなと思います以上となりますおしまい

 

-------------------------------------------------------------

<編集後>

こんにちはくまのです。

初めて音声入力でブログを更新してみたいと思います。

 

以前から、タイムラインで音声入力でテキストコンテンツを作成

と言うツイートを散見します。

実際に変換能力がテキストクオリティーがテキストコンテンツとしてどのくらいのクオリティなのかを試してみたいなと思います。

音声入力のブログ更新がスムーズにいけば、

どんどん自分のコンテンツが量産できるんじゃないかなと思っています。

しかし、変換機能の精度はもしかしたらなかなか厳しいかもしれません。

 

いずれにしても、ブログやテキストコンテンツを作成する場合、

第一稿があってそこから第二、三稿と何度か推敲を重ねてリリースするような感じになります。

どんな人でも第一稿っていうのは雑な文章、かつ構成もバラバラでその後の

推敲ってのはどうしても必要になります。

なので、大筋だけを音声で作成できるなら、最終稿まで作るのに時間が短縮できるんじゃないかなと思うので試しています。

 

今回、一旦その音声入力でiPhone のSiriで入力してみて、

その原文を記載して実際に自分のチェックや推敲を入れた最終的な

文章を乗せてみたいと思います。

 

ぜひ、その文章、実際に喋ってみた内容を文字に起こしたものと

テキストに修正を加えたものの差を見て頂ければと思います。

 

 

-------------------------------------------------------------

<<<ここからはタイピングオンリー>>>>

 

さすがに一発でOKにはなりませんね。

検索窓への検索ワードの入力程度なら問題ないですが、

ブログなどのテキストコンテンツ、ビジネス文書への落とし込みはまだ厳しそうです。

ただ、上記で触れている通り、テキストコンテンツは書きっぱなしでリリースすることはまずないので、

大筋を吐き出す方法としてはとても有効かなと感じました。

カフェなどで作業するのはちょっと恥ずかしいので、自宅などの閉ざされた環境じゃないと厳しそうですがw

 

話をするときのノイズ「えーと」「○○ですね」「あー」

などが拾われちゃいますが、プレゼンやアポでの自信を持った話し方を習得するためには

こういった話し方のノイズを減らすと効果的だと思うので、

自分の話し方の振り返り、クセを見つけるには良い方法だと思いました。

 

対談の文字起こし、会議の議事録とかにも使って行きたいです。

 

もう少しいろいろ試してみようと思います。

 

 

おしまい